オカリナ・アンサンブル『にじ』

  *TOPページは↑をクリックしてください

☆名残りの雛とフルート~!♪

Fumi とっても可愛らしいお雛様に出会いました~
 昨年、七夕でお世話になった清閑亭
 素敵な催しに参加、ゆったり豊かな時間を楽しみました
 個人のコレクション??と、びっくり
 
おひなさまDSC_0401
なんと可愛らしい御所人形でしょう
そして、気品溢れるお雛様
DSC_0403.jpg
コレクションにまつわるお話にも心惹かれました
そして、フルートの演奏
歴史の息づくお部屋で
奏者の息遣いが聞こえる程の距離で
豊かな音色を楽しみました

そういえば、目の前にはこんな羽子板も飾られていて…
なんと、結納に使われた水引をあしらったものとか!!
人生の大切な節目を、いつまでも心に留めて…
DSC_0405.jpg
豊かな“心”というものを学びました

♪日記 | コメント:0 |

☆’15ミューズ、楽しく終了~!♪

Fumi  肌寒さは残るものの、まずまずの天候
 今年のミューズ・フェスタは、博物館20周年でもあり
 館内全体がとても賑わって
 私たちのコンサート会場も、満員の盛況

DSC_0391.jpg
とってもいい雰囲気~温かな拍手と柔らかな笑顔に包まれて
楽しいコンサートになりました
熱心に聴いてくださった皆様、本当に有難うございました

ミューズ15

実は、始まる前はちょっと緊張!
今年の会場は、例年のロビーから講義室に変更
落ち着いてリハができたのは最高でしたが
天井が低いので、音の響きが…
ロビーでは高い天井が音の広がりを助けてくれていたんですね

音の響きって、本当にデリケート!
会場に合わせた選曲を考えないと~
改めて、しみじみ反省
これからは、新しい会場は十分に下見しましょう!!
聴いていただく皆様に
より楽しんでいただけるために
♪日記 | コメント:0 |

☆今年もミューズ・フェスタ!よろしく!!

Fumi     お雛様
桃小町で作ったメンダコのお雛様~
なんて、遊んでいる内に
春の気配が日ごとに増してきました
♪もうすぐ春ですねぇ~♪

それにしても三寒四温というより…一寒一温
昨日はその一温!!春風に乗って
メンダコくんに会いに行ってきました~

お察しの通り、江の水!
何回言っても新しい発見があって楽しい
IMG_3896.jpg

で、これが深海のアイドル、メンダコくん
DSC01840.jpg
かすかな赤のライトの中で、やっと撮れました~
耳を立てて、方向転換する所が可愛いという事ですが…
どうやら寝ていた模様

でも、クリオネくんは、とっても可愛らしかった~
KissX7i_01689.jpg
まさに、エンジェルですね

という訳で、春気分になった所でお知らせです!!今年も
生命の星・地球博物館の「ミューズ・フェスタ」
に出演で~す
3月14日(土)12:00~13:00
今年はロビーではなく、講堂に場所が移動しました
どうぞ、お時間見つけていらして下さい
春気分になる事、請け合い

そう言えば、江の水でこんな展示も発見!
IMG_3914.jpg
ただのグラスタワーではないですぞ!
ひとつひとつのグラスを目を凝らして見てみてください
ナント!クラゲちゃんが泳いでいます
KissX7i_01727.jpg
学芸員さん、お疲れさま~
♪お知らせ | コメント:0 |

☆春は名のみ~♪

Fumi
      梅

満開の梅を!!と勇んで、晴れ予報の日に~
え~っ!期待はずれの曇り空しかも寒い!
梅も満開まであと少し…
それでもめげずに
トロピカルドームで
ホットココアで一息!
ゆったり鑑賞~と見渡すと
温室といえども、この時期には花もわずか
やっぱり、春本番が待ち遠しい~
は~るよこい!は~やく来い!!
なんて、思わず口ずさみながら
早々に戻った次第です
♪日記 | コメント:0 |

☆驚き!♪Twitterの世界に参入~!?

Fumi
 ふとした思いつきが、予想外の展開に~
 ホント、 びっくり!!
 実は、我が娘が深海生物のメンダコにはまっていて
 私の頭の中にも、何となくメンダコくんがいるらしく…

思わず、“白いメンダコくん”作ってしまい  
ついに、娘の「めんだこ村」というTwitterに作品(?)が登場

2015y01m31d_214123850.jpg

で、びっくりしたのは
そのヒット数
10くらいいくかも??と思っていた所
みるみる内に数字がふくれ上がって…
ナント!2日で<500>超え
私たちのブログには
拍手が1?おっと~5になった!
で、普通、終了なのにです
しかも「かわいい~」だけでなく「ママン、クリエイティブ!」なんてコメントまで頂いて
不思議な体験しました~
IMG_2635.jpg

♪日記 | コメント:0 |
| TOPに戻る |古い記事を読む